HKS ハイパーマックスG+ 80270-AS002 スズキ JB74W 純正形状ローダウンサスペンションキット ジムニーシエラ用 1台分 【ふるさと割】 単筒式 ギフ_包装

HKS ハイパーマックスG+ 80270-AS002 スズキ JB74W ジムニーシエラ用 純正形状ローダウンサスペンションキット 単筒式 1台分

ハイパーマックスG+,1台分,80270-AS002,52375円,JB74W,車、バイク、自転車 , 自動車 , 足回り、サスペンション,/intensation117070.html,純正形状ローダウンサスペンションキット,スズキ,ジムニーシエラ用,prosperibly.com,HKS,単筒式 HKS ハイパーマックスG+ 80270-AS002 スズキ JB74W 純正形状ローダウンサスペンションキット ジムニーシエラ用 1台分 単筒式 ギフ_包装 HKS ハイパーマックスG+ 80270-AS002 スズキ JB74W 純正形状ローダウンサスペンションキット ジムニーシエラ用 1台分 単筒式 ギフ_包装 52375円 HKS ハイパーマックスG+ 80270-AS002 スズキ JB74W ジムニーシエラ用 純正形状ローダウンサスペンションキット 単筒式 1台分 車、バイク、自転車 自動車 足回り、サスペンション ハイパーマックスG+,1台分,80270-AS002,52375円,JB74W,車、バイク、自転車 , 自動車 , 足回り、サスペンション,/intensation117070.html,純正形状ローダウンサスペンションキット,スズキ,ジムニーシエラ用,prosperibly.com,HKS,単筒式 52375円 HKS ハイパーマックスG+ 80270-AS002 スズキ JB74W ジムニーシエラ用 純正形状ローダウンサスペンションキット 単筒式 1台分 車、バイク、自転車 自動車 足回り、サスペンション

52375円

HKS ハイパーマックスG+ 80270-AS002 スズキ JB74W ジムニーシエラ用 純正形状ローダウンサスペンションキット 単筒式 1台分

【ダウン量:F -30mm/R -35mm】
・HKSのハイパーマックス G+、80270-AS002です。
・HIPERMAX G+は、上質な乗り味を徹底追及したHIPERMAX Gをベースに30段階の減衰力調整機能を追加。あたりのやわらかいコンフォート重視の乗り味からスポーツ系サスペンションキットのような引き締まった乗り味までお好みに合わせて楽しむことができる純正形状ストリートサスペンションの決定版です。
・HKSのサスペンションは耐久性、乗り心地に優れた単筒式を採用して、最適な減衰力と素早く対応する機敏さで、ローダウン時においても安定した走りを実現します。
・ストラット式サスペンションは、ダンパーが車重を支えます。倒立式の採用と組み合わせることで、ハンドリングやブレーキング時の接地感・安定感を向上させ上質な乗り心地を実現します。
・HKSでは、一般のサスペンションメーカーを超える「バルブシム」のバリエーションにより多様な減衰力特性を表現し、細かな減衰特性の違うモデルでの実走テストを繰り返して様々なシチュエーションを想定し上質な乗り味を徹底追及しました。
・ISO9001取得の国内工場で生産される本製品は安心のメーカー保証3年6万キロが付帯しています。

HKS ハイパーマックスG+ 80270-AS002 スズキ JB74W ジムニーシエラ用 純正形状ローダウンサスペンションキット 単筒式 1台分

Music

音楽・アーティストのニュースとレビュー

音楽記事一覧

92914「Okinawa」が“BTS JIMIN効果”で注目

参照:  Spotifyの「Daily Viral Songs(Japan)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top Songs」とは異なり、純粋にファンが聴いて…

NiziUら、今週発売の新譜5作をレビュー

毎週のリリース作の中から注目作品をレビューしていく連載「本日、フラゲ日!」。今回は7月20日リリースのNiziU『CLAP CLAP』、工藤静香『「感受」Shizuka Kudo 35th Anniv…

関ジャニらロック武器にしたジャニーズ

常に新しいアプローチで皆を楽しませてくれるジャニーズグループだが、ロックなサウンドを全面に押し出した楽曲で、ファンはもちろん、普段はバンドを聴くロックリスナーたちからも注目を集め話題となっている。本稿…

「TikTok2022上半期トレンド」解説

2022年上半期にTikTokで流行した様々なトレンドを対象とした「TikTok2022上半期トレンド」の大賞と各部門賞が7月15日、発表された(※1)。ノミネート30選のなかから大賞に輝いたのは、ミ…

さとうもか『魔法のリノベ』OP曲を語る

岡山県出身のシンガーソングライターのさとうもかが、自身初のドラマタイアップとなる新曲「魔法」を配信リリースした。波瑠が主演するドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系)のオープニング曲として、“…

特徴的なアーティストHPの魅力

「アーティストの顔」とも言うべきHP(ホームページ)であるが、ユーザーの情報入手の選択肢が格段に増えた昨今、情報をSNSに集約しているアーティストも多くいる。その一方で、アーティストのオフィシャルHP…

Movie

音楽・映画ニュース・TVドラマ情報とレビュー

映画記事一覧

『赤いナースコール』犯人は一人か複数か?

『赤いナースコール』(テレビ東京系)が7月18日に第2話を迎えた。第1話ラストで313号室に入院中の滝中(橋本淳)の死体が発見されたが、第2話では滝中の異常な殺され方に注目が集まった。  警察の捜査…

『ちむどんどん』津嘉山正種が与えた深み

NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』も、季節に連動してついに沖縄戦について描き始める。第72話は、まさにその序章のような回だった。  東京から取材で沖縄入りをした和彦(宮沢氷魚)。マスコミは嫌いだと…

『シャインポスト』鈴代紗弓の好演を分析

アニメ『シャインポスト』で、解散を回避するために奮闘する崖っぷちアイドルユニット“TiNgS”のメンバー青天国春(なばためはる)を鈴代紗弓が好演。春アニメでも、『薔薇王の葬列』のアン、『魔法使い黎明期…

『バズ・ライトイヤー』が示す人生のはかなさ

『トイ・ストーリー』シリーズ(1995年~2019年)のスピンオフとして製作された映画『バズ・ライトイヤー』が、7月1日から公開となった。いったいどのような派生作品なのか、予告編だけではやや分かりにく…

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』ロマンスが加速

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』が世界的人気だ。NetflixのGlobal Top10(7月4日~7月10日までの非英語圏)で堂々の1位も記録し、パク・ウンビン演じるウ・ヨンウに世界が魅了されている。 …

九谷焼 組湯のみ 連山

お笑い芸人、錦鯉の半生を題材にしたドラマ『泳げ!ニシキゴイ』が、日本テレビ系の情報番組『ZIP!』内にてスタートする。ドラマウォッチャーたちから「豊作だ」と好評な2022年夏ドラマと肩を並べて、話題に…

杉咲花、『プリズム』皐月役を演じて

浅野妙子が脚本を手掛けるNHKドラマ10『プリズム』の放送がスタートした。都内の園芸店でバイトする前島皐月(杉咲花)、皐月の恋人となるガーデンデザイナー・森下陸(藤原季節)、陸と過去に関係のあったガー…

Tech

テクノロジー×エンタメの情報とレビュー

テック記事一覧

広瀬香美がVRChatにやってくる?

「冬の女王」が、「VRChat」にやってくるかもしれない。 報告です!ただ今開封!以上です。@kogure @lears_VRC @tokuriki @okuda_wiz #VRChat  …

YouTubeで「短尺アニメ」流行の理由

最近YouTube上で、3分間でクスッと笑えるショートアニメ系のチャンネルが、伸びてきているのをご存じだろうか。たすくこまやマリマリマリーはチャンネル登録者数100万人を超え、約4カ月前に動画投稿を開…

『超魔界村R』の揺るぎない価値

2001年3月、任天堂から発売された携帯ゲーム機『ゲームボーイアドバンス』。『逆転裁判』、『ロックマンエグゼ』といったいまなお根強い人気を誇る名作が誕生したことで知られるこのゲーム機にはもうひとつ、象…

『スーパーマリオサンシャイン』20周年

2022年7月19日は、アクションゲーム『スーパーマリオサンシャイン』発売20周年の日である。本作は“3Dマリオ”でも最高峰の難易度を誇る作品として、多くのプレイヤーに「トラウマ」を与えたタイトルだ。…

大規模通信障害に備えるには?

7月2日に発生したKDDIの通信障害は、約3日に渡って続き、最大で約3915万回線と膨大な数のユーザーに影響を与えた。詳細な原因は究明中だが、現在分かっている範囲だと、コアルーターの交換中に音声通話を…

CT110ハンターカブ国内仕様モデル★シート ★

高橋和希先生が亡くなった。すでに大きなニュースになっているように、彼の訃報のショックは大きい。特に私のような10代、20代にとって、いまだ『遊☆戯☆王』(以下、遊戯王)は、原作であるマンガ、アニメ、そ…

イラストの“かわいさアップ”のテクニック

チャンネル登録者数100万人を突破した、プロイラストレーター・さいとうなおき氏のYouTubeチャンネル。「ポケモンカード公認イラストレーター」としても活動するさいとう氏は普段から、プロのテクニックを…

芥川賞候補5作品を徹底解説

2022年7月20日(水)に第167回芥川賞が発表される。候補作は以下の5作品となっている(50音順)。 ・小砂川チト(こさがわ ちと)『家庭用安心坑夫』(『群像』6月号) ・鈴木涼美(すずき す…

かっこいい旧車が登場する漫画

昨今人気が再燃している様子の旧車。昭和から平成初期に販売された車がほとんどだが、古き良き日本を感じさせるようなデザインが支持されている。特に昭和を知らない世代が、懐古的なものではなく、新しくかっこよい…

創作に青春をささげる中高生が描かれる漫画

全国高等学校野球選手権大会(甲子園)をはじめ、部活動の大会で汗を流す中高生の姿は青春の要素として広く浸透しているだろう。一方で、10代の学校生活を運動だけでなく文化活動に費やした人も多いはず。漫画作品…

立花もも推薦 7月の文芸書週間ランキング

文芸書の週刊ベストセラーランキングの中から注目作品を立花ももが解説。7月はどんな作品が登場するのか。早速行ってみましょう!  7月期【単行本 文芸書ランキング】 (7月5日トーハン調べ)  1位 …